遡ること2007年、スペースキーは観光を主軸とした受託制作・開発事業からはじまりました。

蓄積された知見と情報技術から、新しい価値を創造したい。私自身『子どもに関わる事業で、世の中に貢献したい』という想いがあり、2013年にアウトドアサービスを開始しました。そして最初のサービスをキッカケに「クローズドな情報」の世界に直面することとなります。本当の意味での挑戦は、そこから始まります。

アウトドア産業は地域経済と密接に関わっており、今後の我が国の活性化を担うべき産業です。スペースキーはアウトドア産業の進化を加速させるべく、情報技術を用いてあらゆる情報をオープン化し、ユーザーのみならず、あらゆるステークホルダーに多様な選択肢を提示しています。

アウトドア産業にもたらす技術革新は、加速度的に産業全体の生産性を高め、社会全体に新たな選択肢をもたらします。中長期の事業展開は、現行政策や産業課題を踏まえ、社内外問わず関係各所との協働を活発化させ、未来のツーリズムアウトドアをけん引する取組も行ってまいります。

スペースキーの一番の強みは「もっと自由なアウトドアを、全ての人へ」というビジョンを胸に秘め、「アウトドア産業の持続可能な収益化支援」というミッションへ立ち向かい続ける、素晴らしいメンバーが集まっていることです。情報技術と革新的なビジネスモデル、素晴らしいメンバーからアウトドアに『あたりまえ』を生み出し、アウトドアを愛する人々から必要とされ続ける企業でありたい。そのために私たちは果敢に挑戦し、進化を続けてまいります。

代表取締役社長 佐藤 祐輔