Spacekey Inc. 社員インタビュー

スタッフの想いが
ユーザーへ届くように

事業推進本部 エンジニア

榎本 剛

Enomoto Go

Q1簡単に自己紹介してください。

CAMP HACK, YAMA HACK, TSURI HACK各メディア事業全般のシステム、バックオフィスのシステムなどを担当。前職では運用チームマネージャー、アンケートシステム開発や新規事業を、その後フリーランスでリハビリ施設の予約、施術管理システムの開発運用、その他コーポレートサイト、キャンペーンサイト、ECサイトなど少しずつやっていました。

Q2なぜスペースキーに入社を決めたのですか?

趣味に近いところで仕事をしてみたく探している中、アウトドア * ITにおいて他はバックオフィス的な仕事が多い中、目に止まった会社がスペースキーでした。

CAMPHACKを眺めている時に求人してることを知りウォンテッドリー経由で話を聞きに。

既存の事業においては自分のスキルとマッチしていたし、キャンプ施設予約、メディア以外にもアウトドアを軸に事業開発を進めるということで飽きずにやれそうだなと思い入社を決めました。

Q3仕事を進める上で意識していることは?

事業責任者、そのメンバーそれぞれ強い想いを持って取り組んでいるのでそれをうまくサポートできればと考えて取り組んでます。

トラブルやオペレーションでスピードを落とすのはもったいないのでまず安定運用、それから収益性をあげることコストを下げることを意識しています。新規開発と保守作業両立する必要があるのでペース配分にも気を使い、優先順位をつけたりしています。

また、エンジニアの数が少なく設計、開発、運用といろいろこなせないといけないので楽できる様にならないかと考えながらやってます。

Q4スペースキーはどんな会社ですか

みなさんそれぞれに目的や目標があってそれが仕事にマッチしています。それで仕事に取り組んでいるので基本楽しそう。それは強みですね。みんなアツいです。好きなことが近い人ばかりってのがあるでしょうが雰囲気もいいですよ。

会社が取り組んでいる事業はアウトドア業界でも成熟した分野ではないですし、今まさに魅力のある人が集まり始めているところなので色々と面白いことに取り組んでいけるんじゃないかとこれからの可能性を感じてます。

Q5入社を希望される方へのメッセージをお願いします!

エンジニアの方へ。

事業推進本部のシステム開発部は人数も少なくまだまだ発展途上です。なのでまだ全くの未経験の方は厳しいです。

サービス単位で「すべてお任せします。」みたいな感じになるかと。サービス開発に熱中できると思います。アイディアがあってそれを実現したい。試してみたい。そういうのもアリです。アウトドアの未来に思いを馳せながらシステム開発。いかがですか。

興味を持たれた方は話を聞きに来てみてください。肌に合いそうであれば是非。