高知県主催「第2回観光資源オーディション」を開催いたしました

2019年10月28日(月)、高知県主催「第2回観光資源オーディション」が高知会館にて開催され、スペースキーが事務局を務めました。

当日は、高知県内の11市町村と高知県内での事業展開を検討する民間企業4社、約50人が一堂に会し、市町村の保有する公有地・公有施設の利活用方法について検討しました。

会の冒頭では、2019年7月に開催された第1回オーディションの成果として、参加した民間企業3社と市町村の事業進捗について、高知県より報告がありました。
続いて、民間企業各社のビジネスプランに対し、市町村がプレゼンテーションを行い、保有する公有施設のセールスポイントを民間企業に対してアピールしました。

オーディション後には懇親会も開催し、市町村と民間企業の交流を創出しました。

また、翌日には民間企業による候補地への現地視察も行われました。

■プレゼンテーション実施市町村等
物部川DMO協議会、越知町、東洋町、宿毛市

■参加民間企業
アクトインディ株式会社(インターネットサービス事業)、有限会社パシフィックネットワーク(アスレチック施設運営)、株式会社Recamp(キャンプ場開発・遊休地活用)、大手製造・小売企業1社

スペースキーは、高知県「令和元年度観光拠点等需要調査委託業務」を受託しています。
下記ページにて、高知の遊休資産に関する情報をお届けしています。
Facebookページ:高知遊休資産利活用プロジェクト