全登壇者決定!! 日本最大級のアウトドア業界向けカンファレンス「Outdoor Innovation Summit」他業種からの参入や気候変動、地方創生まで多彩なテーマでアウトドアの新しい価値を発想

「Outdoor Innovation Summit 2019(以下、OIS)」は、時代の最先端でアウトドアをリードするアウトドア関係者・官公庁等の異なる分野のリーダー・イノベーターが集い、アウトドア業界の新たな可能性が繋がり未来が生まれることを目的とした日本最大級のアウトドア業界向けカンファレンスです。3回目となる本年は、2019年12月11日(水)に東京国際フォーラムにて開催いたします。

プログラムのスタートは、「マーケター・オブ・ザ・イヤー2019」大賞を受賞したワークマンの土屋氏。続いては壮大な紀行ドキュメンタリー「グレートジャーニー」の探検家の関野氏。午後一発目は世間で関心が高まる「気候変動」をテーマにプロ・トレイルランナー石川氏、プロスノーボーダーの小松氏、気象予報士でサーファーの正木氏の3名によるパネルディスカッション。世界中から注目を集めるスキー場外雪崩事故防止のための「ニセコルール」を運用する新谷氏。そして11月12日に「ガイアの夜明け」で取り上げられ反響を呼んだ循環型シャワーを開発するWOTAの前田氏。休憩を挟んで、「欧州のアウトドア業界団体」EOGのトップであるマーク・ヘルド氏。公共事業に頼らず「自助努力で高知の経済を活性化」させようとした手腕が評価された元知事の尾﨑氏。そして最後は、「アパレルブランド」ながら自社キャンプ場運営に参入して注目を集めるアーバンリサーチの齊藤氏が登壇します。

後援は、580の自治体が参画する「オリンピック・パラリンピック首長連合」、アウトドア業界との連携が必要な「環境省」、アウトドアスポーツ推進を宣言する「スポーツ庁」、アウトドアフィールドの所有者であることも多い林野庁、そして欧州よりアウトドア業界団体EOGと環境保護団体EOCAの計6団体となっております。

「Outdoor Innovation Summit 2019」公式サイト
https://www.ois2019.com

昨年のOIS2018サマリー動画
https://www.youtube.com/watch?v=W4ijE3RQMHE&feature=emb_logo

※ご注意
参加対象は、アウトドアに関わる事業者、団体および官公庁の原則経営層・マネジメント層となります。一般の方はご参加いただけません。事前登録制のため、参加をご希望の方は以下、特設サイトよりエントリーをお願いいたします。内容確認後、事務局からの回答メールにて参加の確定とさせていただきます。
例年多数のお申込みをいただいております。定員に達し次第、受付終了とさせていただきますのでご了承ください。

≪Outdoor Innovation Summit 2019開催概要≫
日時:2019年12月11日(水) 9:45開場 10:15~18:00(18:20~懇親会)
会場:東京国際フォーラム Bブロック (東京都千代田区丸の内3-5-1)
メイン会場:HALL B7(受付) 懇親会:HALL B5
アクセス:https://www.t-i-forum.co.jp/general/access/
参加:事前申込み制(アウトドア関係者(メーカー・小売・キャンプ場・ガイド・メディア・IT企業など)及び官公庁、大学、他産業、地銀などアウトドア関連者のみ対象)
費用:無料 (懇親会参加費:6,000円)
主催:Outdoor Innovation Summit 実行委員会

≪お申込みの流れ≫
下記OISオフィシャルサイトの「受付フォーム」よりお申込みください
https://www.ois2019.com
※ご登録後、事務局からのメールをもって確定とさせていただきます。

≪イベントに関してのお問い合わせ≫
OIS実行委員会事務局(株式会社スペースキー内)
メール:ois@spacekey.co.jp

≪OISで皆様にご提供可能な価値≫
①アウトドア業界で把握しておくべき・知っておくべき重要な事象や最新動向の情報収集が可能です。
・アウトドアを楽しむ生活者やユーザーの動向や、アウトドア業界で生まれている新たな事業やアイデア、自然環境を取り巻く様々な事象など、上記3領域で先進的・重要な取り組みをされた有識者の方々から、2019年に聴いておくべきテーマを取り揃えております。

②アウトドア業界に関わる多種多様なステークホルダーが一同に介するため、ネットワーキングにご活用いただけます。(主に懇親会)
・ご参加いただけるすべての事業者様をまとめた参加者リストを当日配布しており、ご挨拶をしたい・情報交換をしたい他の参加事業者様を見つけやすくしております。
・懇親会では、「地域ごと」に事業者様が集まりやすい・繋がりやすいような席配置・グループ配置を行っております。
2018年実績:参加者人数 505人、 参加事業者数 346社、 参加者属性 キャンプ場・アウトドア事業者・自治体・メディア、インターネット・その他

③本カンファレンスをきっかけとしたビジネスマッチングやプロジェクトの立ち上がりも多数実績がございます。
・某自治体様と某事業者様の間で、国立公園の統合的なプロモーションを行うプロジェクトの立ち上がり(某自治体様×某事業者様)
・某自治体様の遊休地を効率的に活用するコンサルティングパートナーのマッチング
(某自治体様×某事業者様)
・キャンプ場開発案件の獲得や指定管理業務の受託(某キャンプ場経営企業様)
・同一地域に存在する事業者様間でFacebookコミュニティーが生成され、定期的な情報交換が行われております。