中古アウトドアギア買取・販売サービス「GEAR HACK」、リブランディングに伴いサービス名称を「UZD(ユーズド)」に変更

「すべての人がアウトドアレジャーを、より長く豊かに楽しめる社会を創る。」をビジョンに掲げる株式会社スペースキー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤祐輔、以下スペースキー)は、中古アウトドアギア買取・販売サービスである「GEAR HACK」の理念・ビジネスモデルを一から見直し、私達スペースキーが考える「中古アウトドアギアを流通させる理由」をより明確に伝える目的で、サービス名称・ロゴをリニューアルしたことをお知らせします。なお、新しいサービス名称とロゴは2020年11月25日より運用を開始致しております。

 

■新たなサービス名称
旧名称:GEAR HACK

新名称:UZD(ユーズド)
Until Zero Disposalの頭文字より抜粋 – (アウトドアギアの不必要な)廃棄が無くなるその日まで、という意味を込めています。

 

■新たなサービスステートメント
ギアの“寿命”とは、いつなのでしょうか。

使わなくなったら寿命。
必要でなくなったら寿命。
汚れやキズがついたら寿命。

誰かが求めてくれる限り、ギアは何度でも“生き返る”。

私達は、使わなくなったアウトドアギアを受け取り、
確かな目と熟練した手作業でギアに向き合うことを通して、
そのギアを必要としてくれる次のオーナー様へとお繋ぎします。

ギアが、その生命を使い切れるように。

 

■新たなサービスロゴ
今回のリブランディングに伴い、新たに以下のサービスロゴをデザインしました。ギアが「無限に繋がっていく」ことを表現した“始点と終点のある一筆書きの∞マーク”をモチーフとしながら、私達「UZD」がこの営みに携わっていくという思いを込め、「UZD」の三文字が隠されたロゴデザインとしました。

 

■サービスリブランディングの背景
私達は、アウトドアレジャーを持続的に楽しめる社会を作りたいと考えています。ギアの大量生産や不必要な廃棄は環境負荷が高く、アウトドアレジャーを楽しむために私達が間借りしている自然そのものを破壊してしまう可能性があります。
そのため、不要になったギアを廃棄するのではなく、我々がそれを受け取る。「プロによる一点一点しっかりした査定とメンテナンス」を通じて、これからアウトドアレジャーを始めたいと思っている生活者・これからもアウトドアレジャーを楽しみ続けたいと思っている生活者に対して「安心して連れ出せる中古のアウトドアギア」という選択肢を提示したい。そんな想いから、このビジネスモデルを、そしてUZDというサービス名へのリブランディングを行いました。

 

ユーズドアウトドアギア買取・販売サービス「UZD」
URL:https://uzd.jp