Spacekey Inc. 社員インタビュー

エンジニアの技術を活かして
アウトドア産業の未来を変える

事業推進本部 サービス開発部 Androidエンジニア

鈴木 雄太

Suzuki Yuta

Q1これまでのキャリアとスペースキーにジョインするまで

ヤフーのエンジニアとして、画像処理に関わる研究開発・先行技術開発をメインに行っていました。Androidアプリ開発や新規事業開発など、さまざまな開発を経験してきましたが、もっといろいろな分野にチャレンジしてみたいと思い始めていました。

ヤフーは開発部隊が大きく業務が細分化されていたため、自分の担当領域以外の分野にはなかなか携わることができませんでした。エンジニアとしてより成長したい、そんな環境を求めて転職活動をしていたところでスペースキーに出会いました。私自身アウトドアが好きで、『CAMP HACK』や『sotoshiru』はユーザーとして使っていました。タイミングよく「Android開発」の枠がありすぐに応募。自分の趣味でもあるアウトドアと、開発領域が活かせる会社はスペースキーのほかにはなく、すぐに参加を決めました。

Q2今はどのような仕事を担当していますか?

アウトドア情報アプリ『sotoshiru』のAndroidアプリ開発を担当しています。機能追加や修正など、iOS開発側メンバーと協力しながら行っています。先行技術の調査なども前職に引き続き行っています。

Q3スペースキーで働くことのやりがいや魅力は?

アウトドアという産業は技術的な領域ではないので、その分野で自分の技術を活かして貢献できるのはやりがいに感じます。やるべきことも多く、とても刺激ある現場です。また意外と思われるのですが、実はWeb開発の知識は少ないので、メンバーに聞く部分も多くあります。エンジニアとしてまだまだ成長できると実感できる、ワクワクする毎日がとても楽しいです!

日常の仕事風景

Q4スペースキーのユニークなところは?

アウトドアを中心とした活動は、他にはなくユニークだと思います。単純にサービスを運営しているのではなく、事業として各々収益に貢献しているのがすごいと感じます。また、私は現在群馬に住んでおり、新幹線通勤を許可してもらっています。そのような働き方の自由を認めてもらえるところもユニークであり、大変助かっています。

Q5プライベートはどのように過ごしていますか?

ツーリングが趣味なので、朝から晩までバイクで走り回っています(笑)1日で300km以上走ることも。キャンプツーリングも年に3~4回は行っています。

Q6スペースキーで達成したいことは何ですか?

自分の技術で、アウトドア業界に貢献していきたいです。アウトドアを楽しむ人がより楽しめるような環境を整備したい。また、自分が携わっている『sotoshiru』も、もっと多くの人が利用できるサービスに成長させていきたいと考えています。

Q7スペースキーで働きたい方へメッセージ

アウトドアが好きな人、開発が好きな人…、いろいろな思考をもった人と一緒に働きたいです!