Spacekey Inc. 社員インタビュー

圧倒的No.1を維持する秘訣は
メンバーとキャンプの魅力

メディア事業本部 CAMP HACK 副編集長

松田 隆史

Matsuda Takafumi

Q1これまでのキャリアとスペースキーにジョインするまで

前職はDTPオペレーターとして働いていました。とても忙しい現場だったのですが、好きなことを仕事にしたいと思い転職を決意。キャンプやフェスに行き始めた頃で、そのような趣味を活かしたいと考えていたところでスペースキーに出会いました。ちなみに、初めてのキャンプは大雨で大失敗。でもそんな経験がものすごく楽しくてキャンプにハマったのを鮮明に覚えています。

Q2今はどのような仕事を担当していますか?

キャンプWebメディアの『CAMP HACK』で副編集長をしています。主には、ライティングのクオリティチェックや、ライターさんの管理、構成や編集全般を担当しています。ユーザーさんに刺さる企画もいつも考えたりしています。
取材はメンバーの得意分野で担当しており、僕はブランディング関係を任されています。

Q3スペースキーで働くことのやりがいや魅力は?

大好きなキャンプに携われることが、何よりのやりがいです!特に、自分の興味があることを記事として企画・配信し、ユーザーさんにヒットしたときはすごく嬉しいです。先日も、僕のお気に入りのギアを紹介した記事の反応がすごくよかったんです。自分の興味が評価されたようで、とてもやりがいに感じました。

日常の仕事風景

Q4スペースキーのユニークなところは?

メンバーのモチベーションがすごく高いところです。あまりアウトドアに興味なさそうな人が、すごい大きなザック背負って出社したりとか…。うちでは週末になると、ザックとかシュラフを持って出社するのが割と当たり前な光景なんです。平日しっかり仕事して、休日はしっかり遊ぶ。モチベーション高く、フレキシブルに行動できるのが、スペースキーの特徴だと思います。

Q5プライベートはどのように過ごしていますか?

プライベートでは、家の購入や子供の誕生と、ライフイベントが続いていました。少しアウトドアとは離れていましたが、今年はまたキャンプを楽しみたいですね!

Q6スペースキーで達成したいことは何ですか?

CAMP HACKを、この分野では圧倒的No.1を維持し続けたいです。アウトドアの総合的なプラットフォームとしての役割を担えるよう、常に情報を発信し続け、ユーザーさんの信頼を得たいと思っています。
また、個人的には「富士山に登って仕事したい!」という目標があります。富士山オフィスを開始し、アウトドアのど真ん中で仕事してみたいですね。

Q7スペースキーで働きたい方へメッセージ

CAMP HACKの欠点を挙げ改善してくれる方。欠点を100個挙げて、解決してくれる方。一緒にCAMP HACKを強くしてくれる方をお待ちしています!