Spacekey Inc. 社員インタビュー

物に対する愛情をもって
アウトドアの二次流通を盛り上げる

リユース事業本部 買うトドア事業部 キャンプ用品店 店長

田代 はるか

Tashiro Haruka

Q1これまでのキャリアとスペースキーにジョインするまで

新卒でブックオフコーポレーションに入社。スポーツ用品の買取、販売に携わっていました。キャンプが好きだったこともあり、退職後はスノーピークのストアスタッフとして勤務。とても楽しかったのですが、ステップアップやキャリアビジョンなど今後の働く姿がイメージできずモヤモヤとしていたところで、スペースキーに出会いました。アウトドア産業を盛り上げるという大きな使命感と熱意にとても共感し、すぐに入社を決めたのを覚えています。

Q2今はどのような仕事を担当していますか?

アウトドア用品買取サービス『買うトドア』のキャンプ用品店店長として、査定業務から人材育成、業績管理などトータルに携わっています。部長の松下と連携しながら進めていくことが多いです。

Q3スペースキーで働くことのやりがいや魅力は?

リユース品を扱っているため、物を大事にする気持ちや、物に対する愛情を持つことができるようになったと感じます。二次流通として買うトドアが成長することで、キャンプ人口の増加につながると考えています。実際に、最近はお問い合わせが増えています。「売ってよかったよ!」「紹介しますね!」といったユーザーさんの声を聞くたびに、とてもやりがいを感じますね。物を大切にし、かつ流通を回すこともできるので、社会貢献にもつながっている魅力ある仕事だと思います。

日常の仕事風景

Q4スペースキーのユニークなところは?

スタッフみんながこだわりを持ち、自信と誇りをもって仕事をしているんです。それってとてもユニークだと思います。特にユニークな人物は買うトドア部長の松下(笑)。業務に対してはとてもストイックで、アウトドア業界を盛り上げたいという想いは人一倍もっているところはすごいと感じますね!

Q5プライベートはどのように過ごしていますか?

プライベートは結構のんびりと過ごしています。同僚と買物やアウトドアイベントに参加することもあります。最近は少し余裕ができたので、英会話にも通ってます!

Q6スペースキーで達成したいことは何ですか?

二次流通をより大きくするために、まずは買うトドアをより多くの人に知ってもらえるサービスにしたいです。「アウトドア用品売るなら『買うトドア』」と言ってもらえるように、サービスを成長させることが目標です。今は倉庫の一角を借りていますが、行く行くは一棟借りできるくらいになりたいです。そうなったら、隣にキャンプ場を併設したりするのもいいかも(笑)夢が膨らみますね!

Q7スペースキーで働きたい方へメッセージ

スペースキーはとっても楽しい会社です!みんなが自分のやりたいことを「やりたい!」といえる環境で、夢に向かって努力しているメンバーが多くいます。自信もって「スペースキーで働いているよ!」と言える、そんな職場です。一緒にスペースキーを、買うトドアを盛り上げてくれるメンバーになってくれれば嬉しいです。