Spacekey Inc. 社員インタビュー

アウトドア業界を活性化すべく
今までになかった
IT×アウトドアを促進させる

メディア事業本部 CAMPHACK編集長

濱松 教道

Hamamatsu Norimichi

Q1簡単に自己紹介してください。

CAMP HACK編集長。
専門商社の営業を3年経験し、1年間バックパッカーとして世界を見て回る。帰国後、株式会社スペースキー入社。

編集部をまとめながらも新たな取り組みにチャレンジすべく、外部とのやり取りを担当しています。

Q2なぜスペースキーに入社を決めたのですか?

バックパッカーをしている際に、雑誌やガイドブックではなく、インターネットで情報収集を行っていました。
その経験から肌でアウトドア業界に対してIT技術の必要性を感じていたのですが、IT×アウトドアを掲げているスペースキーでよりその動きを加速させることができるのではないかと感じられたことは入社を決めた理由です。

また、編集やライターの仕事を希望しており、イチからメディアを育てられる状況にあり、さらには取り上げる内容も私の身近にあった「キャンプ」であったというのも入社を決意できた大きな要因となっています。

Q3仕事を進める上で意識していることは?

仕事内容がメディア促進、タイアップ広告など多岐に渡るので、タスク内容を整理し、優先順位を常につけるようにしています。

私はひとつのことに集中してしいまいがちで多くのことを覚えておけないので、各タスクの進捗状況を一目で把握できるようにしました。そうすることで一度頭から抜けた事項であっても瞬時に思い出せるようになりました。

また編集部全体でやり方を統一させることで、互いが何を行っているか透明化を図っています。

Q4スペースキーはどんな会社ですか

中途社員で形成されていることもあり、互いのバックグラウンドや考え方が異なり、常に刺激のある会社であると思います。

また、足の引っ張り合いなどはまったくなく、わからないことを補完し合う風土が根付いており、皆が会社が掲げるビジョンに向かって邁進しているように感じます。

アウトドアを核事業としているだけあり、各社員がキャンプ、登山、釣りなどそれぞれ好きなアウトドアスタイルを持っているのも特徴です。休日には互いに誘い合いアウトドアを楽しんでいます。

Q5入社を希望される方へのメッセージをお願いします!

前述したように、会社のビジョンに共感した社員が集結している会社です。
また、厳しい状況におかれても前向きに楽しめる方が弊社には合っているのではないかと思います。

自ら発言し、前傾姿勢で仕事に取り組んでいる人の意見は部署を跨いでも耳を貸してくれる風土があり、やりがいは十分にあるのではないでしょうか。

大手会社から入社した社員がいる一方、アルバイトから活躍している社員もおり、それまでのバックグラウンドに関係なく、能力次第で活躍の場を与えてもらえる会社方針は弊社の特徴だと思います。